軽自動車 保険料 平均

軽自動車の保険料の平均はどのくらいなの?

軽自動車の任意保険へと加入するに当たり、強制されている自賠責保険と比較して高額な料金を支払わなければなりません。

 

そこで、保険料の平均額がどのくらいなのか疑問を抱えている方は多いはずです。

 

平均相場は年齢や等級によって異なるので一概には説明できないものの、1年間の保険料は5万円〜10万円程度となっています。

 

軽自動車の任意保険には普通車と違って車両料率クラスが設定されていないので、ホンダのN-BOXでもダイハツのムーヴでも基本的に一緒です。

 

そもそも、どのような条件によって保険料が左右されるのか以下では簡単にまとめてみました。

 

・最初は6等級からスタートして事故を起こさずに運転していると1つずつ上がって最大で20等級になる
・「業務用なのか?」「レジャー用なのか?」「通勤用なのか?」という目的で異なる
・お住まいの都道府県によって保険料の支払額には差が生じている
・ブルー免許やゴールド免許など色によって変わる
・運転している人の年齢が若かったり高齢者だったりすると事故の確率が上がるので保険料も高くなる

 

同じ車種や型式の軽自動車を保有していたとしても、上記のような条件で任意保険の保険料が変わるのが大きな特徴です。

 

最も大きく左右しているのが等級で、どのように変化していくのか見ていきましょう。

 

20等級:63%割引
19等級:55%割引
18等級:54%割引
17等級:53%割引
16等級:52%割引
15等級:51%割引
14等級:50%割引
13等級:49%割引
12等級:48%割引
11等級:47%割引
10等級:45%割引
9等級:43%割引
8等級:40%割引
7等級:30%割引
6等級:19%割引
5等級:13%割引

4等級:2%割引
3等級:12%割増
2等級:28%割増
1等級:64%割増

 

20等級は事故を起こしていない期間が長いので負担する保険料が安くなり、1等級の人は今後も事故を起こすのではないかと判断されるので高い保険料を支払わなければならないのです。

 

以上のように軽自動車の保険料は様々な条件で変わるので、「平均は○○万円」と決め付けられないのはお分かり頂けるかもしれません。

 

少しでも保険料の負担額を減らしたいと考えている方には、一括見積もりサービスの利用をおすすめします。

 

複数の保険会社へと見積もりを依頼し、自分に合ったところを比較して選べるのが一括見積もりサイトです。

 

「どの会社が安くてどの会社が高いのか把握できる」「複数の業者へと依頼する手間を省ける」「登録も利用も一切の費用がかからない」といったメリットがあります。

 

非常に利便性が高いので、一括見積もりサービスを活用して保険料の負担を少しでも抑えてみてください。