軽自動車 保険料 20歳 相場

20歳以下の軽自動車の保険料は高いの?

強制的に加入が法律で決められている自動車損害賠償責任保険は、年齢によって保険料に違いはありません。

 

軽自動車なのか普通車なのか車種によって負担する保険料は異なるものの、その他の条件は特に設定されていないので契約期間に合わせて支払う形となります。

 

一方で、自由に加入するか決められる任意保険に関しては年齢によって保険料が大きく左右し、20歳以下の若者は高く設定されているのです。

 

30代や40代の人と比べると支払う金額が高く、その理由を以下ではまとめてみました。

 

・まだ車の運転に慣れていないので事故を起こす確率が高いと見なされる
・怖さを知らない若い年代ということで無謀な運転をする人が多い
・任意保険のノンフリート等級は6級からスタートして事故を起こさないと1つずつ上がって保険料が安くなる

 

上記のような理由で20歳以下の若者が軽自動車の任意保険を支払う場合は費用の負担が大きくなり、事故を起こす確率が高いので自動車保険会社側がこのような措置をとらなければならないのは仕方ありません。

 

安全運転を心掛けている若者からすれば迷惑な話かもしれませんが、ヤンチャな運転をする輩が他の年代と比べて多いのは事実です。

 

それに、任意保険へと加入すれば軽自動車でも普通車でも6等級からスタートしなければならず、無事故が続けば等級が上がって保険料が安くなる仕組みとなっています。

 

現代では18歳〜20歳で免許を取得して車へと乗り始める方が多く、最初に高い料金を支払わなければならないのは仕方がないのです。

 

そこで、下記では少しでも任意保険の保険料を安くするポイントを幾つかご紹介しているので、20歳以下の若者は一度確認しておきましょう。

 

・両親が車に乗らないのならば保険をセットで貰って保険料率を譲り受ける
・1台の軽自動車を共有するのならば世帯主の保険加入に混ぜてもらう
・比較的保険料が安く設定されているネットの通販型自動車保険を利用する
・複数の保険会社を比較できる一括見積もりサービスを活用する

 

両親の軽自動車を譲り受けたり共有したりせずに自分の新車や中古車を購入するのならば、一括見積もりサービスの利用をおすすめします。

 

20歳以下の若者だけではなく他の年代の人にも最適なのが一括見積もりサービスで、複数の保険会社の見積もりを一括で依頼してくれるのです。

 

任意保険の保険料の相場を把握できる優れた方法ですし、少しでも安い保険会社を探せるので一括見積もりサービスへと登録してみてください。